消費者金融の規制緩和は不要?

銀行や消費者金融が展開しているカードローンは、基本的に無担保のローンです。
金融機関の貸付としてはリスクが高い部類に属することから、金利が高いことは当然ですし、銀行によっては商品化していないことも多いです。
このようなローンを利用する人は、当座の資金不足の対処として使い、早期に返済することが前提ですが、現実問題としてそのようなことにはなっていません。
最近グレーゾーン金利の過払い金訴訟が下火になり、法律事務所が自己破産や任意整理などの営業に動き出しています。
これらの法的整理のお世話になるのは無担保ローンを野放図に借りた人です。
現在話題になっている消費者金融の規制緩和が実現されると、無担保融資がしやすくなり、このような人が増加することは間違いありません。