真性包茎の手術

真性包茎とは、包皮輪が狭く勃起しても川がめくれなくて内部が露出しなかったり、癒着のため包皮の翻転ができない場合の包茎をいいます。基本的にここまでの包茎を患っている方は少なく、成人の約1%くらいの人しかこの症状は現れないといわれています。真性包茎の場合には、衛生面的には恥垢がたまってしまったりするため、衛生上もよくない面があったり、性行為をするときにも痛みを伴ったり皮にケガを負ってしまったりと、性行為に関しても困難な状況になる恐れがあります。また、重度の場合には排尿についても力まないと排尿できなかったりするような症状がみられるため、基本的に真性包茎の場合には、手術をして治療することが推奨されています。

包茎手術で失敗?俺のリアル体験談と術後レビュー【2ch口コミは嘘?】
「包茎手術したいけど失敗が怖い...」 「手術費用はどのくらい必要?」 「やっぱり痛い?術後はどんなケアをするの?」 「ネットの嘘情報やデマに騙されたくない!」 あなたと同じ悩みを長年抱えていた私が、つい
houkei-syujyutsu.sakura.ne.jp/