住宅ローン借りるならどこがいい?注意点は?

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をする事により、元のローン残金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

これから、新築または中古の家を購入される方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

自分の家を持つ。

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

このため、現金をすぐに用意する。

という事は、かなり難しいです。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?簡単な方法としては銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋任せにしても良いと思います。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すればすぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。

とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり調査によると40%の方が利用しているそうです。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。

申請方法はとても簡単で金融機関ならどこでも受付ていますし忙しく人はインターネットバンキングというのも一つの手法です。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが力になってくれるでしょう。

銀行・信用金庫から申し込み可能ですが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間はそれぞれですが最長で35年の借入が可能です。

だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。

おおかた、40歳オーバーの申請からなかなか通りづらい。

という傾向が強いようです。

住宅ローンを組むにはまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。

例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々ありその年によって大きく変動する場合もあります。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されており人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払期間は非常に長いので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合借金がなくなる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

もしも、住宅ローンが残っている段階で離婚する事になったら返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。

近いうちに両親との同居を検討しているという貴方に、今人気の住宅ローンについて理由も一緒に紹介したいと思います。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

但し、親子リレー返済をして申請に通れば、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

これらの理由により普通のローンよりも借入れ期間が長いのです。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

引用:住宅ローンはどこがいい?おすすめランキング【借りるならどこ?】